30代になってから、突然、あごにニキビが、発生すると、びっくりします。
なんでって感じに、なります。

ニキビっていうと「青春のシンボル」的なイメージで、懐かしい思い出の一つや二つ、でてきそうですが。
でも、それは、遠い昔の記憶の中の出来事ですからね。

10代のころなら、占いとかしてみようかしらとか、思えますが、
それが、こと30代になってからだと、占っていられるような心の余裕なって、さらさら、ありません。
どうにかして、それが、なかったことにしたいって、焦る気持ちのほうが、大きくなってしまうものです。

まず、原因が、何かっていことですよね。
・暴飲暴食をしていなかったか。
・夜中にたくさんの食べ物を、食べていなかったか。
・甘い物ばかり、食べていなかったか。
・胃腸の調子が、崩れていないか。
・睡眠は、足りていたか。
他にも、いろいろありますね。

もし、原因が特定できたら、幸いですね。
それを、止めれば、いずれは、治るていうことですから。

でも、原因が、わからないっていうときは・・・

よく言われていることの一つに、男性ホルモンの分泌が言われています。
女性には、ないような気がしますが、通常でも、微量ながら、分泌されているものなんだそうです。
それが、何らかの理由で、過剰に分泌されてしまって、皮脂の量が、増えてしまうっていことが、あるんだそうです。

こればかりは、素人では、わからない部分ですので、お医者さんに行くのが、正解なんだそうです。

とはいえ、その前に、できる手立てとしては、「イソフラボン」の摂取っていうことですね。
ご存じの通り、このイソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きを体内でしてくれるっていうことで、有名な成分です。
これを積極的に摂取してみるっていうのも、いいんだそうです。
納豆とか、豆乳とかの大豆製品関連が、おすすめっていうことなので、食事や、スムージーとかに、摂りいれてみるっていうのも、いいと思います。